毎日家事をしていると、掃除や洗濯、洗い物など手が乾燥し、荒れやすくなりますよね。
乾燥するとささくれになったりしてしまいます。
そのまま放っておくと、手はボロボロになっていき、手だけ老けた印象になりかねません。
手は顔のようにメイクをすることができないので、ごまかすことができない部位です。
美しい手でいるために
日頃からの予防やケアが重要です。
まず、家事で一番手に負担をかけてしまうのは、洗い物ではないでしょうか?
頻度も高く、洗剤が直接手につくので、どうしても手は乾燥してカサカサになってしまいます。
そこで、洗い物の時間を短縮するために、あらかじめ水で食器の汚れを軽く流して、しばらく水に浸けておきましょう。
こうすれば汚れはかなり落ちるので、洗い物の時間を短縮し、手に洗剤が触れる時間も減りますよ。
肌が敏感な方は、ゴム手袋をするのもひとつの方法です。
次に、お風呂で髪や体を洗うときも、知らず知らずのうちに手に刺激を与えています。
洗浄力の強いシャンプーやボディソープを使用すると、手の乾燥や荒れる原因になるので、無添加のものなど肌に優しいものに代えてみるのもお勧めです。
また、紫外線による刺激も手が黒ずむ原因になります。
紫外線対策のために、外出するときは必ず手袋をつけるようにしましょう。
日頃のケアとしては、ハンドクリームを塗ったり、お風呂上がりに化粧水やクリームで保湿を忘れずに行うことが大切です。